首 ポツポツ 原因

MENU

首のポツポツが出来る原因とは?

 

首,ポツポツ,原因

 

首元は、そのままの年齢が出やすい場所です。年を重ねると共に、首元のシワやたるみが気になってきます。そして、30歳を越えたころから、首にポツポツが出始めることがあります。どうして、首に小さなポツポツができるのでしょう。原因を探ってみます。

 

紫外線は大敵です

 

首はイボや小さなポツポツが出やすい場所です。体質や摩擦によってできることもありますが、一番の原因は紫外線と考えられています。長い間、紫外線によって負担が掛かかり続けてきたことで、肌が老化しダメージを受けています。

 

肌が傷つくと、ターンオーバーが乱れ始めます。理想の周期で新陳代謝が行われないと、古い角質が肌に蓄積されていきます。肌に残ったままの古い角質が、肌をザラザラさせ潤いを奪っていきます。

 

また、良性腫瘍が肌のポツポツとなって表れることもあります。同じように、大きな原因は紫外線と摩擦です。ダメージを受けた肌は、通常の機能が働かずに細胞が一定量より増えだします。増えすぎた細胞が、肌から盛り上がり、ポツポツとなって出てきます。

 

肌ダメージから表れるポツポツは、首元だけではなく、脇の下、胸部、まぶだも同じようにできやすい場所です。固く頑丈なところにではなく、弱くて薄い場所にできやすい特徴があります。

 

 

対策を始めましょう

 

原因がわかると、できることがはっきりとしてきますね。まずは紫外線対策を日ごろからしていきましょう。顔には、しっかりと基礎化粧からファンデーションまでする人でも、首やデコルテの部分はおろそかになりがちです。

 

首元も忘れずにケアをしましょう。夏場はスカーフなどで紫外線から守り、秋や冬にも着る服を工夫して乾燥から首周りを保護します。

 

外部からの刺激対策を実行しながら、潤いを与えていくことで理想的なターンオーバーが始まります。首元にも意識を持っていくことで、ポツポツのない、つるるんな素肌に日ごとに変わっていきます。