首 ポツポツ 放置

MENU

首のポツポツを放置するとどうなるの?

 

首,ポツポツ,放置

 

首にでき始めたポツポツは治療が必要なのでしょうか。放置しておいても大丈夫?

 

 

早目の対策を勧めます

 

30歳をすぎた頃から、首に小さなポツポツができ始めるのはよくあることです。そのまま何もしなくても治っていくものなのでしょうか?気になりますよね。

 

このポツポツは大抵の場合、加齢と共にできやすくなり、主な原因は紫外線の影響です。時には、放っておいても自然と治ることもありますが、年と共に悪化していくこともありますので、早めに対策を始めましょう。

 

大きなストレスがかかったり、服やアクセサリーでこすれることで数が増え、大きくなっていくケースもあります。突然数が増えたり、大きくなった時には、皮膚科に行くことをお勧めします。

 

首にポツポツを発見したら、紫外線で肌が傷つき、ターンオーバーが乱れているサインです。首周りの肌ケアも意識して取り組みましょう。顔に使ったクリームが残った時に、首元やデコルテに塗るのではなく、顔の基礎化粧をする時に、首周りもしっかりと保湿します。

 

紫外線を避け、保湿に重点を置くことで、ポツポツの悪化を防ぎましょう。そして、いぼに効くと昔から言われている、はと麦から抽出したヨクイニンを使うことで、ポツポツが広がるのを防ぎ、つるっとした首元に変わっていきます。